インプラントと虫歯

2016年12月21日 / 未分類

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いと思ったら大エラーです。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診て貰わなくてはなりません。食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにして下さい。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスをうけることが必要です。

インプラント治療をうけたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコスト(いかに抑えるかが重要でしょう)がかかり、設備や技術も要するからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのですべての治療を通した費用は結構の額になるでしょう。
全面的に保険が聞くことにしてしまうと、医療費はいっ沿う増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。混同されることの多いインプラントと差し歯。

何がちがうのでしょう?まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むと思います。当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということになります。

それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特性であると言えます。いろんな事情からインプラント治療をはじめるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場はおのずと決まると思います。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場です。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持っ立ため付近の歯の神経も刺激をうけ、反応し立ためで時間の経過共に落ち着くのが自然な流れです。

実は他の問題が隠れてい立と言うこともあります言う事もありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことを心がけてちょーだい。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る